2019年7月3日水曜日

Campfire Audio IO Polaris 2019 Andromeda 2019の試聴レビュー

米国Campfire Audioから新作イヤホンがいくつか登場したので、まとめて試聴してみました。

Campfire Audio IO・Polaris 2019・Andromeda 2019

新たなエントリーモデルの「IO」、そして既存モデル「Polaris」「Andromeda」の2019年版という三種類です。

最近はAtlasなど奇抜な新作が多かったCampfire Audioですが、今回はどれも見慣れたアルミ切削ハウジングです。ケーブルも新しくなったらしいので、それも合わせてどんな音なのか気になります。

2019年6月20日木曜日

Questyle CMA Twelve ヘッドホンアンプの試聴レビュー

Questyleから据え置き型ヘッドホンアンプ「CMA Twelve」を聴いてみたので、感想とかを書いておきます。

Questyle CMA Twelve

日本ではまだ未発売ですが、米国などでは2019年2月頃に登場しました。好評なCMA400iの上位モデルという事で、価格はUS$1500です。写真の試聴機は黒ですが、ゴールドも選べるそうです。

コンセント電源でDAC搭載のヘッドホンアンプというと、ありそうで意外と選択肢が多くないので、自宅でのメインシステムとしての決定版になるかもしれません。

2019年6月3日月曜日

HIFIMAN HE6seとArya ヘッドホンの試聴レビュー

HIFIMANから新型「HE6se」「Arya」を聴いてみたので感想を書いておきます。

HIFIMAN HE6se・Arya

HE6seは2018年9月発売で価格は約21万円、Aryaは2019年3月発売で約19万円です。どちらも平面駆動型ドライバーを搭載していて価格もほとんど同じなのですが、サウンドや使用感は全然違ったので、両方合わせて紹介しようと思いました。

2019年5月11日土曜日

Focal Stellia ヘッドホンの試聴レビュー


フランスのFocalから、新作ヘッドホン「Stellia」を試聴してみたので、感想とかを書いておきます。

Focal Stellia

2019年5月発売で、価格は約32万円です。同社の開放型フラッグシップヘッドホン「Utopia」は2016年に同じような価格帯で登場して一躍ハイエンドヘッドホンの代名詞になりましたが、その技術を応用して生まれた密閉型モデルがStelliaです。

2019年4月16日火曜日

Hiby Music R6 PRO DAPのレビュー

Hiby Musicの新作DAP 「R6 PRO」を買ってみたので、感想とかを書いておきます。

Hiby Music R6 PRO

日本では2019年3月発売、価格は10万円くらいです。Android多機能DAPとして良さそうだったので、スペック買いしてしまいました。

昨年発売した「R6」の上位版ということで、オーディオ回路の高級化・高出力化と4.4mmバランス出力に対応したモデルです。

2019年4月9日火曜日

オーディオテクニカ ATH-AP2000Ti ATH-CK2000Ti ATH-CM2000Ti の試聴レビュー

発売から時間が経ってしまいましたが、オーディオテクニカの「2000Ti」シリーズヘッドホン・イヤホンを一気にまとめて試聴してみました。

ATH-CK2000Ti・ATH-CM2000Ti・ATH-AP2000Ti

2018年10月発売で、大型ヘッドホンATH-AP2000Ti、カナル型イヤホンATH-CK2000Ti、そして近頃珍しい古典的イヤホンATH-CM2000Tiの三兄弟です。

どれも2000番ということはオーディオテクニカの上級モデルで「Ti」はチタンハウジングを意味しています。

2019年4月2日火曜日

イヤーパッド交換の音質変化とか

今回は地味な話題です。私は古いヘッドホンをたくさん所有しているのですが、イヤーパッドの劣化にはずいぶん悩まされています。

最後に使った時は新品同様だったのに、久しぶりに取り出してみたらボロボロに朽ち果てていたという事が何度もあり、とくにあまり使わないモデルだと、わざわざ交換パッドを買うのも勿体無いです。

いろいろイヤーパッドを買いました

今回は、いい加減どうにかしようと思っていたヘッドホンがいくつかあったので、純正もしくはYAXIのパッドを買って交換してみました。意外と大きな音質変化が感じられたので、下手な改造やチューンナップよりも有意義かもしれません。