2018年7月12日木曜日

final E5000 イヤホンのレビュー

final E5000 イヤホンを買ったので、感想とかを書いておきます。2018年5月発売の新作で価格は3万円くらいです。

E5000

finalはこれまでも似たようなデザインのコンパクトイヤホンを続々出していますが、今回はダイナミックドライバー搭載モデルなので、2017年末に登場したE2000・E3000の上位モデルのような存在です。

このE5000と同時に、約16,000円のE4000というモデルも発売されました。サウンドチューニングが結構違うので、両方聴き比べてみて私はE5000の方を買いました。

2018年7月4日水曜日

Audirvana Windows 10を使ってみました

オーディオ再生ソフトAudirvanaのWindows PC版が発売されたので、早速試してみました。

Audirvana for Windows 10

AudirvanaはこれまでMac専用のUSB DACハイレゾ再生定番ソフトでした。私も長年ずっと愛用してきたので、Windows版も出ないかと首を長くして待っていたところです。

私自身はWindowsの音楽鑑賞にはJRiver Media Centerを使っているのですが、Audirvanaのほうが手軽なので、乗り換えるべきか検討したいと思いました。

Beyerdynamic Aventho Wired のレビュー

ベイヤーダイナミックからポータブルヘッドホン「Aventho Wired」を買ったので、感想とかを書いておきます。

Aventho Wired

テスラテクノロジーを搭載したコンパクトモデルということで、T51pの後継機のような存在です。

BluetoothワイヤレスバージョンのAventho Wirelessは日本でも発売しているのですが、それの有線版であるWiredは、まだ米国と欧州でしか売っていないようです。Wirelessの方も検討したので一応それについても触れますが、私はWiredの方を買いました。

2018年6月19日火曜日

Astell&Kern A&futura SE100・Cowon Plenue 2 MK II・Fiio M7

先日iBasso DX150を試聴したのですが、それから立て続けに三種類の新作ポータブルDAPを使う機会に恵まれました。Astell&Kern A&futura SE100・Cowon Plenue 2 MK II・Fiio M7です。

SE100・Plenue 2 MK II・M7

DAPのレビューなんて、どれもだいたい同じような内容になってしまうので、それなら一気にまとめて書いておこうと思いました。

2018年6月6日水曜日

Fostex T60RP ヘッドホンのレビュー

フォステクスの平面駆動ドライバー式ヘッドホン「T60RP」を買ったので、感想を書いておきます。

Fostex T60RP

フォステクスのRPシリーズといえば、T50RPを筆頭に平面ドライバー搭載ヘッドホンのロングセラーで、レファレンス的存在です。今回登場したT60RPは、それらをベースに、よりオーディオマニア向けにレベルアップした最新機種で、定価は約35,000円、現在は3万円くらいで流通しているようです。

2018年5月31日木曜日

64 Audio tia Trio イヤホンの試聴レビュー

64 AudioのIEMイヤホン「tia Trio」を聴いてみたので感想を書いておきます。

2017年に登場した最上級イヤホン「Fourte」からtiaシステムを継承し、さらにFXCというダイナミックドライバー技術を投入した意欲作です。

64 Audio Trio

値段はtia Fourteの44万円からちょっと下がって30万円と、それでも呆れるほど強気な価格設定で、色々と高級オーディオに散財している私ですら、さすがに手が出せませんが、どんな音なのか気になってしまいました。

2018年5月26日土曜日

iBasso DX150 DAPの試聴レビュー

iBasso DX150 DAPを試聴してみたので、感想を書いておきます。

2018年発売の新作DAPで、昨年登場したフラッグシップモデルDX200のデザインを踏襲した廉価版のような位置付けです。

iBasso DX150

Android OSを搭載したタッチスクリーンDAPで、本体下部にあるDX200と共用の「アンプカード」モジュールを着脱交換することで様々なサウンドが実現できるのが魅力です。DX200のUS$1,199に対してDX150は$499程度なので、どんなものか気になって聴いてみました。